ポケット・クエリーズとは?

『ゲームのちから。それは人を夢中にさせるあたらしいエネルギーのこと。』
『射幸心ではなく知的好奇心を煽るゲーム作り』

これらのキーワードをキャッチコピーとして、スマートフォン向けゲームの開発、及びゲームの力を用いた
実用ソリューションの研究開発を主事業をしております。 企画・デザイン・開発・運営までワンストップで作業が可能です。

日本でも早い段階から Unity を用いての開発を推進して来ておりますので、Unity 開発のノウハウ・資産を大量に保有しております。
(お客様の Unity 開発部隊の新規立ち上げに関する技術コンサルを承る機会が増えて来ている等、多くのご信頼を頂いております。)
また、教育・セミナー事業を通じて、Unity エンジニア / ゲームデザイナの育成・海外先進事例紹介などの
情報配信を積極的に行い業界に貢献しています。

24時間・365日、このような事ばかり考えています。

『ゲーム』が持つ『ひとを夢中にさせるちから』、ポケット・クエリーズの役割、smartphone game 企画+開発+運用。エンタメだけではなくくらしに役立つゲームサービスの提供。

こんな活動をしています。

活動キーワード:「Game!」「スマホ!」「Unity!」、受託開発事業、教育/セミナー事業、自社サービス事業

page top

受託開発事業

カジュアルゲーム・教育ゲーム・ソーシャルゲームを中心に、スマートフォン・Webゲームの企画・開発の受託開発を実施しており、企画・デザインプログラム・サウンド、全般作業が可能。
なお、クライアントサイドは、ゲーム・ユーティリティアプリ問わずUnityでの開発を推奨しています。

最近では、ビジネス企画・ゲーム企画立案の段階から作業を依頼される案件が急増しています。
2Dデザイン、3Dモデル制作のみのご依頼も承っております。

Technology(開発・制作環境)

icon_technology
iOS(iPhone/iPad)ゲーム開発: Unity、Objective-C
Androidゲーム開発 Unity、Java
Webゲーム開発 Unity、JavaScript、HTML、Flash
2Dグラフィックス制作 PhotoShop、Illustrator、Sprite Studio
3Dモデリング制作 3ds Max、Maya、Light Wave、Softimage
サーバサイドプログラム PHP/Perl/Java、
MySQL/PostgreSQL/Oralce/SQLServer、
Apache/Tomcat/IIS

受託開発事例

フリーキックゲーム
ソーシャルゲーム
TCGゲーム

page top

教育/セミナー事業

活動事例① Unity導入技術コンサルティング(Unityでのモバイルゲーム開発体制構築支援)

自社制作のUnity開発講習テキストを用いたUnityの教育作業を行うだけではなく、実際の開発現場でUnityを用いた
ゲーム開発部隊を立ち上げるための技術コンサルティングを実施しています。

教育テキストのイメージ
講習会の風景

活動事例② 産学協同プロジェクトの推進

スマートフォンゲーム開発技術者育成、及びゲームのちからで世界を変える研究の一環として専門学校や大学と
各種産学協同プロジェクトを実施しています。

活動事例③ Unite Japan 2013 (開発者カンファレンス)への登壇

ゲーム業界への貢献目的として、自社でのゲーム開発の取り組みや技術ノウハウをセミナーを通じて積極的に
公開しています。

page top

自社サービス事業

活動事例① オリジナルキャラクター『クエリちゃん』を活用したビジネス


ポケット・クエリーズでは、新しいビジネスの試みとして 『オリジナルキャラクター』を活用した受託開発ビジネス・協同ビジネスを積極的に展開しています。

ポケクエのオリジナル3Dキャラクター『クエリちゃん』 はデジタルインタラクティブアイドルとして開発されたAIキャラクタ ーです。

個人・企業問わず、全てのゲーム開発者・アプリ開発者を応援すべくフリー素材として2次創作活動にご活用頂けます。 2014 年 8 月時点で株式会社ゼンリン様、株式会社南国ソフト様のゲーム・アプリに採用されています。

Query-Chan_01
Query-Chan_02



『クエリちゃん』は、無料のアセットとしてサイト上にて無料配布を行っています。
34種類のモーション、24種類の表情、70種類のボイスデータと動作確認用のサンプルアプリが付属しています。

■クエリちゃん無料アセットダウンロードページ
クエリちゃん【デジタル・インタラクティブ・アイドル】OFFICIAL WEBSITE

Query-Chan_03
Query-Chan_04



株式会社ゼンリン様からのご依頼で、共同開発ビジネスとして取り組んだアプリ開発事例です。ゼンリン様が保有する国内外の3D地図データを基にゲーム用3Dモデルデータとして改修し、更にゲームで活用できる機能を追加開発・パッケージ化して、無償にて公開。本アセットのイメージガールとしてクエリちゃんが登場しています。(3D都市モデルデータ内、ゼンリン様Webサイト内、各種メディア広告内)

■Japanese Otaku City(3D都市モデル)無料アセットダウンロードページ
ゼンリン様 3D都市モデルアセット【Japanese Otaku City】OFFICIAL WEBSITE

Query-Chan_05
Query-Chan_06

活動事例② デバイスを活用した次世代ゲーム・VRソリューション・実用サービスの研究開発


次世代のエンターテイメントゲームや最近盛り上がりを見せているVRソシューションの鍵となるのは、スマートフォンやPCに接続する外部デバイスにあると我々は考えており、各種デバイスの原理試作品開発・応用技術開発を進めています。
なお、研究開発の成果は、『Tech Demo(技術デモ)』として、積極的に外部に公開しています。



Oculus Riftを用いたVRゲームを日本でも早い段階から開発し、無償配信しています。
また、昨今盛り上がりを見せている『スマートフォンを用いた箱型のVRボックス』においても、透過ガラスとARを組み合わせた新しい概念の製品の試作を行うなど、ちょっとした技術の応用による新しいゲームシステムの開発を日々心がけています。

Query-Chan_03
Query-Chan_04



Kinectを始め、各種センサー技術の応用も積極的に推進しています。
Kinectと3D都市モデルデータを組み合わせ、バーチャル空間を実際の歩行動作によって散歩するヘルスケアソリューション『Tokyo Virtual Walking 23』の開発とデモ展示を実施し、メディア経由で反響を頂いております。
市販されているセンサーデバイスを用いたゲームソリューションの開発を推進しておりますが、Arduinoなどのワンボードマイコンを用いたセンサー・モータ制御のデバイスの原理試作品開発を行うこともあります。

Query-Chan_03
Query-Chan_04

活動事例③ シリアスゲームの開発・ゲーム開発理論の探求と実践


『ゲーム』が持つ『ひとを夢中にさせるちから』を暮らしに役立つサービスへ応用するため、日々研究開発を進めております。
シリアスゲーム(現実的な社会問題をテーマとするゲーム)の開発とサービス普及(事業化)を目指し、NPO法人Educe Technologies内の研究ユニット『Ludix Lab』(代表:東京大学 藤本先生)と協同でシリアスゲームの開発・ゲーム開発理論の実践を進めています。

Query-Chan_03
Query-Chan_04

page top